ジャパンエキスポ 印南の滝本さんがてまり出展

 長年にわたり伝統工芸品のてまりを作っている印南町印南の滝本宏子さん(79)は、7月2日からフランスのパリで開かれるヨーロッパ最大の日本文化の祭典「ジャパンエキスポ」に作品を出展する。彩りとデザイン豊かな20点で、「ヨーロッパの人たちに手まりの魅力を知ってもらえれば」と話している。
 ジャパンエキスポは書道や工芸、文学など伝統文化のほか、漫画や音楽、アニメ、ゲーム、自動車・バイク、ファッションに至るまで幅広いジャンルで日本文化を紹介する博覧会で、ことしで16回目。昨年は24万人が来場した。
 今回のジャパンエキスポへの出展は、以前東京であった手工芸指導者協会の作品展で、滝本さんのてまりがエキスポジャパン関係者の目に留まったことがきっかけ。滝本さんは、約2カ月かけて出展作品を仕上げた。鮮やかなオレンジの色が美しい「菊の花」をはじめ、「もみじと紅葉」「白梅とさくら」「すいれんの花」「交差かがりの調和」など、鮮やかな色彩と複雑な模様をあしらった力作。大きさは円周19㌢~48・5㌢。
 滝本さんにとって海外出展はクロアチアで開催された日本てまり文化振興協会以来2回目で、「この前テレビ番組でフランスの人はシックな感じのものを好む傾向があることを知りましたが、てまりの華やかでにぎやかな色合いと模様も素敵と思っていただければと思います。見て楽しんでいただければ」と話している。
 滝本さんは、30代の頃にてまりを習い始め、これまで数多くの作品を製作。日本てまりの会の教授資格も取得しており、地元印南町では「いなみ紀の国てまりの会」で指導。自宅にはてまりの部屋を設けて約5000個の作品を展示し、てまりの本も出版している。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る