U-12サッカー 岩城、伊藤選手全国へ

 ことし初めて開催されるU―12(小学6年以下)サッカー全国トレセン研修会(7月29日から静岡県)に、日高地方からFCブラストの岩城愛士(まなと)選手(志賀小6年)と由良FCの伊藤陽翔(はると)選手(由良小6年)が県代表として参加することが決まった。各都道府県からトップクラスの代表選手が一堂に集まり技術を磨く研修会で、2選手とも活躍を誓っている。
 岩城選手(身長155㌢)はブラストではボランチとして攻守に活躍。当たり負けしない体の強さやキック力に定評がある。伊藤選手(身長145㌢)は相手にボールを取られないキープ力や正確なパスで決定的なチャンスを作れる攻撃的なミッドフィルダー。2選手とも選考会を突破して県代表メンバー24人に入っていたが、今回はさらに全国トレセンに参加する16人のメンバーに選ばれた。岩城選手は「ドリブルでアピールして、得点も決めて注目される選手になりたい。本番までにもっと体力をつけて、ディフェンスでも貢献できるようになりたい」と抱負。伊藤選手も「ドリブルでいっぱい抜いて、得点にもからみたい。本番までにもっとスタミナをアップさせたい」と張り切っている。FCブラストの竹谷敏一監督は「レベルの高い選手のプレーを見て、肌で感じ、いろんなことを吸収してきてほしい」、由良FCの神田歳治監督も「自分の力を試せるいい機会。大きな舞台でも力を発揮できるようにいい経験を積んでほしい」とそれぞれエールを送っている。
 全国トレセン研修会は7月29日から8月2日までの5日間、静岡県の時之栖スポーツセンターなどで開催。将来日本代表を目指す選手を育成しようと初めて開催される。都道府県から1チーム16人を選抜した48チーム(東京2チーム)が参加し、トレーニングや交流試合を行うことになっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も出来は上々です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る