夢実現へ国体は絶好の機会

 去る20日、御坊市立体育館で開かれた小学生対象のバレーボール教室で、VチャレンジリーグのJTマーヴェラスの選手が講師に訪れた。現役の日本トップ選手との触れ合い、本気のスパイクに子どもたちが目を輝かせていたのが印象深かった。ほんまもんに触れたことで、子どもたちにはいい刺激になったことだろう。この経験が子どもたちの将来に影響した、とのちにいえる日が来るかもしれない。子どもの可能性は無限なのだから。JTマーヴェラスの監督を務めているのは、元日本代表でアトランタオリンピックにも出場した吉原知子さん。プロ選手になるために、いま子どもたちに必要なことって何でしょうかと質問すると、「夢、目標を持って頑張ることだと思います」と丁寧に答えていただいた。夢や目標は子どもたちを強くするだろう。
 バレーボール教室が開かれる1週間前、目標を達成した瞬間のチームを目の当たりにする機会があった。小学生バレーの県大会で日高地方の名田ソレイユが優勝し、全国大会出場を決めた瞬間だ。選手、ベンチはもちろん、応援席では同じ日高地方から出場していた選手や保護者も精いっぱい応援した姿はまさにスポーツマンシップといえる。選手たちの頑張り、さっきまでライバルだった人たちの一体となった応援、スポーツの素晴らしさに感動した瞬間でもあった。
 44年ぶりに本県で開催される紀の国わかやま国体まで100日を切った。日本トップクラスの選手たちのほんまもんの戦いが繰り広げられる。子どもたちにはこの絶好の機会を目の当たりにしてもらいたい。それが夢や目標を持つきっかけになるかもしれない。無限の可能性を信じ、がむしゃらに頑張れ。夢は必ずかなう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る