日高平野生まれ 地酒「日高桜」完成

 地域の活性化に取り組む有志の会「御坊・日高わいわい会議」(岡本恒男世話人)が、日高平野で収穫した米を使って製造していた日本酒が完成し、7月1日から一般に販売することが決まった。透明感のあるすっきりとした味わいで、商品名は「日高桜」。地元の酒店や料理店、土産物店などに置いてもらうことにしており、地域の新たなブランド、地元ならではの土産物として注目されそうだ。
 活気のあるまちづくりを目指そうと、まざまざな職種の有志が集まって昨年1月に御坊・日高わいわい会議を発足。メンバーから「地元の米を使ったお酒を造りたい」との声が上がり、和高専物質工学科の楠部真崇准教授も加わって地酒造りに取り組むことにした。酒造メーカーのアドバイスを受け、同会議メンバーが所有する美浜町和田の田んぼで昨年、米の品種「日本晴」を栽培し、秋に収穫。地元に酒造メーカーがないことから海南市の名手酒造に依頼し、今回、初めて100%日高平野で収穫した米で純米酒を完成させた。
 18日に御坊商工会館で岡本世話人、メンバーの金崎昭仁さん(日高町原谷)、楠部准教授らが出席して発表した。岡本世話人によると、「日高平野を駆け抜けるそよ風のように透明感のあるすっきりとした仕上がりになりました。甘口でも辛口でもなく、まろやかさがあります」と味に太鼓判。一升瓶(1・8㍑)と四合瓶(720㍉㍑)を500本ずつと、限定品として火入れ(熱処理)していない生酒原酒も60本(一升瓶)製造。値段は標準価格で一升瓶2100円、生酒一升瓶2380円、四合瓶1180円(いずれも税抜き)。これとは別に、道成寺で採取した酵母を使った、まさに100%地元産の日本酒の製造にも挑戦していく。
 今後は御坊市内の酒店を中心に料理店や土産物店にチラシを配るなどしてPRし、販売してもらう。日高広域観光振興協議会の会長も務める金崎さんは「地元の新しい土産として、観光客の皆さんにもに喜んでもらえれば」と期待を込め、岡本世話人は「ふるさとの魅力の再発見にもなると思います。みんな仲間とおいしい地酒を飲んで、楽しいひとときを過ごしてほしい」と話している。問い合わせは岡本世話人℡0738-23-1633。

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る