わかやま国体へあと100日イベント盛況

 9月26日に開幕する紀の国わかやま国体までいよいよあと100日となった18日、御坊市が市役所1階ロビーでPRイベントを開催。住民や和高専、JAなど多くの人が協力し、特産スターチスのドライフラワーを使って完成させたフラワーアート看板「スタロボきいちゃん」をお披露目。官民一体の催しで44年ぶりの一大スポーツイベントの成功へ〝国体熱〟を盛り上げた。
 御坊市のスタロボきいちゃんは、同市を代表するスターチスとロボットを組み合わせたユニークな発想から生まれた。市民提案協働事業で昨年、住民からアイデアを募り、藤田小学校教諭の山本志穂さん(30)と友人の庄田実里さん(30)が提案し採用された。花畑の中できいちゃんが手を振るデザインで、高さ1.2㍍、長さ2.4㍍の大きさ。紫や黄色、白色のスターチスをドライフラワーにして、発泡スチロールに差して形どった。立体感のあるきいちゃんはセンサーで人が前を通ると目が光り、両手を振るロボット仕掛けで、電子音声も流れるなど和高専ロボコン部のメンバーが試行錯誤して完成させた。この日、市役所1階ロビーでお披露目会が開かれ、多くの職員のほか発案者の2人とロボコン部を代表して安村啓太郎さんと石井健登さん(いずれも3年)、JA紀州青年部から笠井一暁さん、ドライフラワーの先生を務めた山本明紀子さん(名田町楠井)、製作に協力した藤田小6年を代表して福居志斗君と佐々木優一君が参加。テープカットしたあと柏木征夫市長は「多くの皆さんの協力でできた。この協力態勢で国体を盛り上げよう」と呼びかけた。発案者の山本さんは「看板の製作を通じてたくさんの人をつないでくれた。看板が皆さんに愛され、国体を盛り上げてくれれば」と期待を込めた。アート看板はしばらく市役所1階ロビーで展示し、大会本番では少年女子バレーボールの会場に飾り付ける。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る