JR紀伊内原駅を住民憩いの場に

 日高町の松本秀司町長は18日の議会一般質問の中で、前年度から業者委託して策定を進めてきた「JR紀伊内原駅舎活用基本計画」の内容を明らかにした。それによると、「地域住民の憩いの場」「ギャラリー」「カフェ」など、複数の活用策が提案されており、「今後どう活用していくのか検討する段階に入る」と説明した。
 トップ登壇した栄茂美議員が「駅前活性化プラン」として「駅舎や周辺の土地の有効利用はどうなっていますか」と質問したことに対する答弁。内原駅舎活用基本計画については、平成26年度の当初予算で142万6000円を計上し、策定を進めていた。松本町長は「既存駅舎の活用について、いくつかのパターン案を取りまとめた」とし、活用例として▽常時開放して地域住民が集まるオープンスペース▽NPOなどの団体への貸事務所▽予約制のレンタルスペース▽生涯学習を支援する機能を持たせたギャラリースペース▽カフェやまちの情報発信スペース――などを紹介。「活用する場合の駅事務所と室内レイアウトもまとめている。駅舎前に駅利用者の送迎車用駐車スペースを確保するレイアウト案も作成した」と述べた。
 内原駅舎は延べ床面積83平方㍍の木造平屋建て。かつて旧内原村がJR側に用地や建設資材を提供して建てられた経緯があり、答弁の中では「古いものを大事にするという考え方を基本にする」と説明。さらに「既存駅舎を活用するには補強や改修が必要で、同程度の駅舎を新築するよりもコストが増大する可能性がある。実施設計を行う場合は、さらに本格的な調査を行い、駅舎の既存部分をできるだけ残して改修するのか、また駅舎の外観をそのままに新築するのかも検討課題」と付け加えた。また、「今回の基本計画を基にJR西日本と駅舎の無償譲渡に向けて協議、調整していきたい」とした。内原駅にあるトイレについては、すでにJR西日本がことし2月に改修工事を行い、町に4月1日付で無償譲渡された。
 栄議員から「駅周辺の活性化も考えたプランに」との提案も受けたが、「まずは駅舎の活用から一つずつ着実に進めていきたい」と回答するにとどまった。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る