新しい技術とコラボ

 20年ほど前の学生時代、クレーンゲームが大ヒットしていた。クレーンを自らで操作し、ぬいぐるみや菓子などをキャッチして所定の位置まで運ぶことができればその景品をもらえるというゲーム。1回数百円で挑戦でき、ゲームセンターには必ずあった。学生時代のアルバイト先では、ブームが最高潮のときには1台の一日の売り上げが数百万円もあったと聞かされ、ゲームコーナーには多彩なクレーンゲームが所狭しと設置されていた。
 そのクレーンゲームが、インターネットを使って楽しめるようになっている。大きな倉庫にクレーンゲームを何十台も設置。自宅のパソコンなどから操作でき、獲得した景品は発送してもらえる。「いつでも、どこでも」挑戦できるのが売り。この商売、結構な人気を集めているというから少し驚いた。
 若いころ、ゲームセンターで彼女に「あのぬいぐるみ、かわいいからとって」とかいわれて挑戦したことはあるが、1人のときにはやってみようと思わなかった。ただ、これはあくまで個人的な感想。世の中には多様なニーズがあり、それに合致させられれば思いもよらぬヒットをかっ飛ばせる。クレーンゲームでいえば、空港で外国人に大人気と聞いたこともある。外国人は帰国前に両替した小銭を使い切りたいようで、サービスの中身は同じでも場所を変えるだけで売り上げアップが可能ということだ。
 昔からある商品、サービスでも新しい技術とうまくコラボさせるなどのアイデアをひねり出せば、再びブームを巻き起こせる可能性はある。目まぐるしく移り変わる時代だが、新しい技術を取り入れていく積極性、柔軟な発想は常に持っておきたいものだ。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る