地元就職率UPで活気キープ

 先日、紀央館高校の2年生がインターンシップ(就業体験)で汗を流す仕事現場を取材した。生徒に話を聞くと職場での感想はもちろん、志望動機や将来の目標が、しっかりしていて感心した。過去にもインターンシップや中学生の職業体験で学生にインタビューしたことがあるが、それぞれ生き生き、充実した表情を見せる印象があり、とてもいい機会だと思う。
 別の日、母校の高校に3年の時の担任を訪ねた。久しぶりの再会に、お互い「丸くなったね」と大笑い。知っている元クラスメートの分を含めて近況を報告し合い、「また、みんなで集まりましょう」と約束してきた。インターンシップや職業体験がなかった時代の先生。面談で「町長になりたい」とふざけた筆者に対し、真面目に進路を選んでくれた恩がある。
 今春、県内の高校を卒業した生徒の就職内定率は3月末現在で98.2%になった(和歌山労働局調べ)。学校やハローワークを通じた2014年度卒業生の就職希望者(内定者含む)は卒業生全体の約20%に当たる1795人(前年同期比11.5%増)。求人数は1989人(24%増)となり、求人倍率は全国の1・85倍に対して1.11倍(0.11㌽増)だった。
 一方、県内就職率は76.7%。ハローワーク管内別で見ると中紀が高く、橋本は大阪方面、新宮は愛知方面へと県外への就職が多いという。御坊は85.9%。地元志向の強さが表れている。同じく高水準の海南市は市内出身大卒者らの地元就職を応援する事業も展開しており、まねるもよし。人口が減少の一途をたどるなか、田舎の活気を保つために地元就職率を上げる取り組みも必要だ。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る