ぷらむ工房の「スコウメ」が人気

 メキシコ発祥の辛味調味料「タバスコ」をベースに、紀州南高梅の梅肉と唐辛子、柚子をブレンドしたピリ辛液体調味料「スコウメ」が誕生した。開発したのは、晩稲の㈱岩本食品ぷらむ工房(岩本公作代表取締役社長)で、同社が経営するイタリアンカフェで提供していた梅入りのオリジナルタバスコが大好評となったことが商品化のきっかけ。どんな料理にも合う隠し味として人気を集めている。
 梅干し専門店のぷらむ工房は、人気の完熟梅干しや梅ジュースなどの製造・販売のほか、埴田のベイホテル朝日桜近くでイタリアンカフェ「カフェ・ド・マンマ」を経営。ピザやパスタのメニューに合わせて、市販のタバスコに梅などを加えたオリジナルタバスコを提供したところ、「家でも使いたい」「おみやげとして持って帰りたい」と予想以上の反響があった。
 そのあまりの人気に、カフェとぷらむ工房のスタッフが集まり、唐辛子や柚子、紀州南高梅の梅肉、梅果汁などをブレンドした新商品の開発に着手。それぞれの原料の量を調整しながら試作を繰り返し、「ピリッと辛くてほんのり酸っぱい」激うまアイテム、「スコウメ」が完成した。
 パッケージには白浜の人気者のパンダをあしらい、ぷらむ工房本店とカフェ・ド・マンマ、とれとれ市場のほか、ぷらむ工房HPのオンラインショップ(http://www.plumkoubou.co.jp/)で販売。価格は1本65㌘で500円(税込み540円)。
 全国的には柚子の「ユズスコ」、レモンの「レモスコ」など、タバスコタイプの液体調味料がブームとなっており、ぷらむ工房の「スコウメ」も新たな和歌山の土産品として人気上昇中。取締役企画部長の岩本智良さんは「ピザやパスタはもちろん、ラーメン、ギョーザ、焼き鳥、そうめんつゆのトッピングにもご好評いただいております。イタリアンの隠し味から生まれたスコウメは、辛いもの好きの方ならどんな料理とも相性は抜群。これからの夏場にオススメです」と話している。
 問い合わせは岩本食品ぷらむ工房℡0739-74-2406。

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る