ぷらむ工房の「スコウメ」が人気

 メキシコ発祥の辛味調味料「タバスコ」をベースに、紀州南高梅の梅肉と唐辛子、柚子をブレンドしたピリ辛液体調味料「スコウメ」が誕生した。開発したのは、晩稲の㈱岩本食品ぷらむ工房(岩本公作代表取締役社長)で、同社が経営するイタリアンカフェで提供していた梅入りのオリジナルタバスコが大好評となったことが商品化のきっかけ。どんな料理にも合う隠し味として人気を集めている。
 梅干し専門店のぷらむ工房は、人気の完熟梅干しや梅ジュースなどの製造・販売のほか、埴田のベイホテル朝日桜近くでイタリアンカフェ「カフェ・ド・マンマ」を経営。ピザやパスタのメニューに合わせて、市販のタバスコに梅などを加えたオリジナルタバスコを提供したところ、「家でも使いたい」「おみやげとして持って帰りたい」と予想以上の反響があった。
 そのあまりの人気に、カフェとぷらむ工房のスタッフが集まり、唐辛子や柚子、紀州南高梅の梅肉、梅果汁などをブレンドした新商品の開発に着手。それぞれの原料の量を調整しながら試作を繰り返し、「ピリッと辛くてほんのり酸っぱい」激うまアイテム、「スコウメ」が完成した。
 パッケージには白浜の人気者のパンダをあしらい、ぷらむ工房本店とカフェ・ド・マンマ、とれとれ市場のほか、ぷらむ工房HPのオンラインショップ(http://www.plumkoubou.co.jp/)で販売。価格は1本65㌘で500円(税込み540円)。
 全国的には柚子の「ユズスコ」、レモンの「レモスコ」など、タバスコタイプの液体調味料がブームとなっており、ぷらむ工房の「スコウメ」も新たな和歌山の土産品として人気上昇中。取締役企画部長の岩本智良さんは「ピザやパスタはもちろん、ラーメン、ギョーザ、焼き鳥、そうめんつゆのトッピングにもご好評いただいております。イタリアンの隠し味から生まれたスコウメは、辛いもの好きの方ならどんな料理とも相性は抜群。これからの夏場にオススメです」と話している。
 問い合わせは岩本食品ぷらむ工房℡0739-74-2406。

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る