井岡選手がJA訪問

 4月22日に大阪府立体育館で行われたプロボクシングのWBAフライ級タイトルマッチで、JA紀州と同JAみなべいなみ梅部会が南高梅のPRに「紀州みなべ南高梅」のロゴを入れたトランクスを着用し、世界3階級制覇を達成した井岡一翔選手(26)が11日、同JAの久保秀夫組合長を表敬訪問。勝利を報告するとともに今後一層の活躍を誓った。
 所属する井岡ジムの会長で父の一法さんらとともに御坊市のJA紀州本所を訪問。同JAのマスコットキャラクター「きぃぽん」「きちゅうくん」「グーリーちゃん」や職員に迎えられ、花束を受け取った。組合長室で久保組合長から「試合はテレビで観せてもらいました。よかった」と言葉を受け、「次に控える防衛戦も頑張りたい」と抱負。その場で色紙とグローブにサインを入れて贈り、ブランドのミニトマトと小玉スイカを受け取った。
 デザート感覚で食べられる梅干し「tomato―ume」を試食。「梅干しは好きで毎日食べています。練習後や試合前に口にすることが多く、一日1個か2個。体が資本なので、それを支えるのに役立ってくれていると思います」と爽やかな笑顔を見せ、久保組合長は「梅の効能を理解してくれていてうれしい。もっと多くのスポーツ選手に梅干しを食べてもらいたい。いろんなところで梅のよさを情報発信してください。これからも応援しています」と期待を込めた。
 トランクスのロゴを含めた南高梅のPRは日高町の清水和人町議が一法会長と親交があり、実現。世界戦当日の会場で部会員らが消費宣伝活動を繰り広げた。この日の井岡選手の訪問には本所内が大熱狂。職員らは歓声を上げ、世界最速で3階級を制覇したチャンピオンに記念撮影をしてもらっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る