感動から育てる「伝える力」

 「ワン・チャイルド、ワン・ティーチャー、ワン・ブック、アンド・ワン・ペン――キャン・チェンジ・ザ・ワールド」。昨年ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの少女、マララ・ユスフザイさんの国連でのスピーチである
 
 世界に教育の必要性を訴えていたあの凛と鋭い声は、いまでも耳に残っている。そこには聞く人の心をまっすぐに打つ、強靭な意志の力があった。同時代を生きる同世代の少年少女達の心にも、その声はまっすぐに届いていたのだろう
 2月に開かれた御坊ライオンズクラブ主催の子ども暗唱大会でも、先日御坊市民文化会館で開かれた「少年メッセージ2015日高地方大会」でも、マララさんに関する発表があった。少年メッセージ優秀賞の1人、塩崎優衣さん(中津中2年)は「人前で話すのが苦手だったが、マララさんから強い心を学んだ」と、自身の夢を大きな声で発表していた
 筆者も中学生の時、人前で話すのが大の苦手だった。読書感想文を全校生徒の前で読むことになったが、その場を早くやり過ごそうなどという気持ちで臨んだため、案の定、友人達には「早すぎて何を言うてるか全然分からんかった」と言われた。冷や汗の出るような思い出である
 残念ながら、今でも人前で話すようなことは苦手なままだ。それはそれでいいと思ってきたが、今回中学生20人の発表を聞くと、目の前にいる人々に思いが伝わるように努力しよう、という真摯さが伝わってくるようで圧倒された。自身を省みては反省しきりである
 マララさんのスピーチも、言葉そのものの力に加え、あの気迫のこもった表情と凛とした声が世界中の人々の心を打ったのだ。柔軟な心で感動から学び「伝える力」を育ててゆく中学生達に、教えられた思いの一日だった。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 便利で役に立ちま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る