日高町の温泉館 主婦グループが食堂運営へ

 日高町方杭地内、温泉館「海の里 みちしおの湯」の食堂は、新たに町内の主婦らでつくる「みちしお会」が運営していくことになった。当初から民間業者が運営していたが、町側が地元の産業振興につながる活用をしようと方針転換。同会メンバーの農業、漁業関係の主婦らが、地元の食材を使った料理を提供する。12日から開会する6月議会に関連の補正予算を提出し、可決されれば今夏からのオープンを目指す。
 食堂運営の民間業者は、昨年12月末で退去しており、町では昨年10月からことし4月まで5回にわたり新たな出店業者らを募集。年間使用料の値下げにも踏み切ったが、結局希望者は見つからなかった。このため、民間業者らの出店という形ではなく、町の魚や農産物をメーンに提供し、地元産業振興にも貢献できる食堂にしてもらおうと、地元主婦らに運営を依頼したところ、引き受けてくれることになった。
 メニューや価格など具体的なことは今後話し合っていくが、担当課では「うどんやカレーなど定番のものだけでなく、例えば地元でとれた魚の刺し身定食や煮付けなどを考えてもらえれば」と話している。オープンに向け6月議会で承認を求める一般会計補正予算は670万円で、調理機材の購入や運営補助に充てる。予算のうち100万円は、県の地域活性化アグリビジネス支援事業で補助を受ける。
 町によると、温泉館は平成12年6月オープン。昨年はレジオネラ菌の発生に伴う長期休業で来館者が減少したが、例年は年間5~6万人が利用。食堂が新たに生まれ変われば、地元の産物をPRする場にもなると期待されている。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る