イベントで地域盛り上げ、PR

 担当地域の配置換えで、17年ぶりに由良町のふるさとフェスティバルを取材した。筆者が以前、由良を担当していたころは中央公民館前で開催され、その後白崎海洋公園がオープンしたことで同公園に会場を変更。ことしで26回目となり、地元をPRする一大イベントとしてすっかり定着したようだ。
 イベントでは地元の農産、海産物が売られ大盛況。個人的には商工会女性部が開発した「ゆらバーガー」を初めて食べたが、衣奈ワカメの茎のコリコリした食感がいいアクセントとなり、おいしかった。特設ステージでは地元出身の歌手藪下将人さんが歌を披露して、大いに盛り上がった。地元にこういった歌手がいてくれることは、町のPRに心強い味方になると感じた。あと、久々に見た白崎の石灰岩でできた白い岩山と青い海は〝日本のエーゲ海〟と呼ばれるほどで、風化することのない美しさは、貴重な観光資源であるとあらためて感じた。
 ただ、ふるさとフェスに関し、残念なことが一つ。昨年もそうだったらしいが、ごぼう商工祭と開催日が重なり、来場者が分散してしまうこと。梅雨時期や他のイベントもあり、なかなか難しい面もあるが、できることならこういった各市町の一大イベントが同じ日にならないよう、市町間で調整したいところ。さらに、前にも小欄で同じようなことを書いたが、各市町のイベントを一つにまとめて毎年各地域の会場を持ち回りにして開催するのはどうか。広域でスクラムを組めば一層大規模なイベントとなり、集客アップを図れるかもしれない。いずれにしてもこういったイベントを継続し、地域を盛り上げ、PRしてほしい。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る