記憶に残る好ゲーム

 バスケットボールには「ブザービーター」と呼ばれる劇的なショットがあるそうだ。ピリオドや試合終了の直前に放たれ、ボールが空中にある間に残り時間がゼロとなり、ゴールに入るショットのことを指すという。その劇的なゴールで勝敗が決する場合もある。野球では「サヨナラ」が同様に記憶に残るシーンといえるだろう。
 先日の県高校総体ホッケー男子の部最終戦は、それらの決着に負けず劣らずの劇的な幕切れだった。紀央館はこの試合、引き分けなら得失点差で箕島に及ばずインターハイ切符に手が届かない。前半2分に先制、後半に入って追いつかれるも11分に再び突き放す。試合終了5分前ごろに再び同点とされたが、33分に三たびのリード。34分過ぎに自陣サークル内でファウルがあり、ペナルティーコーナーとなった場面で試合終了のホーンが鳴った。
 後日、関係者に詳しく話を聞くと、ホーンが鳴っても直前に反則があったためプレーが続行。再開後はオフェンスが反則、得点、ボールが5㍍ラインを出るなどの場合に試合が終わる。守備の紀央館側からすればとにかく相手の攻撃を凌ぎきれば勝利、インターハイ切符を獲得できた。守備側が反則すると試合終了時間が過ぎていてももう一度、PCから再開となり、守備側は難しい判断を瞬時にしながらプレーしなければならない厳しい局面だったようだ。
 紀央館男子は既報の通りPCからゴールを決められ、惜しくも準優勝となった。選手たちには悔しい引き分けだったと思うが、終盤の驚異的な粘りは本当に素晴らしかった。ブザービーターやサヨナラ決着と同じように観客を魅了する好ゲームを繰り広げた選手たち。あらためて健闘をたたえたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る