志師会パーティーに政財界から5000人

 「国土強靭化海を渡る」をテーマに自民党政策集団「志帥会」(会長・二階俊博代議士)の講演会とパーティーが5日、東京都のホテルニューオータニで開かれ、政財界から会場を埋め尽くす約5000人が参加。ドイツで行われるG7サミット出発前の安倍晋三首相も姿を見せ、「二階総務会長とともに国民のために政策を前へ進める」と力を込め、二階会長は「実行の政治で国民の期待に応える」と決意を新たにした。
 第1部の講演会の途中、サミット出発前にサプライズとして安倍首相が登場すると、大きな拍手が湧き起こった。安倍首相は「二階会長をはじめ志帥会には安倍政権の屋台骨を支えていただいている」と感謝。山積する課題に立ち向かう決意を示した上で、「さまざまな課題を抱えているからこそ、改革が必要。議論になっている安全保障法制もまさに国民の命と幸せな生活を守るためのもの。日本を取り巻く安全保障環境が厳しくなっている中、何もしないでは政治の責任を放棄することと同じ。行動を起こせば批判がつきまとうが、たじろがず皆さんの理解を得ながら政策を前に進めていく」と決意を示した。11月5日を津波の日にすることについても触れ「一人でも命が救われるような世界にするため、国連の総会で制定されるように努力していきたい」と声を大にした。
 続いての第2部では、二階会長が全国から集まった参加者に感謝した上で、「安倍首相がいわれていたように、日本をよくするために、みんなで頑張ろうではありませんか」と一致団結を求めると、「そうだ、そうだ」の声が湧き起こった。「一握りの政治に直接携わっている者がなんだかんだいっても、それだけでは国はよくならない。多くの国民の支援、後押しがなければいい政治にはならない。国をよくするのは、孫やさらに次の世代をよくすることになる。政治に対していろんな批判はあるが、いうのは簡単、政治は実行なんです。志帥会は皆さんの支援やご恩に応えていくため、一歩一歩着実に歩んでいく。多くの皆さんの思いを胸に刻んで明日からの国政に頑張っていく」と決意をにじませた。
 あいさつに立ったメンバーもそうそうたる顔ぶれ。谷垣禎一幹事長は「二階会長の実行力は本当にすごい」、岸田文雄外務大臣も「韓国や中国を訪問し、日本の外交を補いリードしてくれている」と感謝した。政治評論家の森田実さん、歌手の杉良太郎さんらもマイクを握ったあと、前会長の伊吹文明顧問が「志帥会は足りないところを互いに補い、助け合って政治家としていかに進むかを研さんする集団。二階会長を中心に国民、国家のために頑張ってまいります」とあらためて決意を表明した。乾杯したあと二階会長は参加者からの握手に笑顔で応えていた。
 第1部の講演会では、元ゴールドマン・サックス金融調査室長で小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン氏が「外国人観光客8200万人の実現」、作家の大下英治氏が「稲むらの火と大賀蓮」でそれぞれ講演した。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る