高校生国際美術展 花尻さんに報知新聞社賞

 高校生美術展の最高峰の一つの第16回高校生国際美術展で、紀央館3年生の花尻佳奈さんの作品が、全1794点の中から上位10番目の報知新聞社賞に輝いた。同校3年の塩谷悠斗君、2年の岡田奈津実さんの作品も奨励賞に選ばれた。
 美術展は東京芸術大学の名誉教授らが審査員を務め、内閣総理大臣賞など各1点ずつ14の特別賞と、優秀賞5点、秀作賞11点、奨励賞百十数点が選ばれた。
 花尻さんの作品のタイトルは「美術制作室」。自身が普段活動している美術部の部室をテーマに、テーブルの上に鳥のはく製やつぼ、ボトル、バスケットなどが無造作に並べられている様子を描いた。絵の具は重ね塗りしてもにじまないアクリル絵の具を使用し、繊細な筆遣いで各オブジェクトに細かい模様を描いていった。日常的な風景を描いているため、色が目立たないようモノクロベースで仕上げた。昨年秋から取りかかり約4カ月を費やした大作。受賞に「信じられず驚いていますが、とてもうれしいです」と喜んでいる。
 塩谷君は日高港湾で撮影したクレーン船の写真を、得意の建築の知識を生かしてキャンバスに油絵で精密に再現した「船上」、岡田さんは初の油絵ながらも、さまざまな種類の大工道具を丁寧に描いた「祖父の仕事道具」でそれぞれ受賞した。
 作品は24日から7月5日まで東京都港区の国立新美術館で展示。花尻さんは27日にザ・リッツ・カールトン東京(東京都港区)で開かれる表彰式にも出席する。

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る