御坊市で国勢調査のかたり2件

 ことしは5年に一度の国勢調査の実施年。全国的に調査員を装って家族構成等を聞き出そうとする「かたり調査」の発生が報告されているなか、御坊市内でも4月末から今月4日にかけて、2件のかたり事案が発生した。1件は女性宅に電話で、もう1件は男性宅に国勢調査官を名乗る男が2回訪問。いずれも個人情報を聞き出されることはなかったが、県と同市が同様のかたり調査に注意を呼びかけている。
 御坊市の国勢調査実施本部によると、女性宅に不審な電話があったのは今月4日。相手は発信元番号非通知設定で「国勢調査官」を名乗り、怪しいと思った女性は具体的な質問をされる前に電話を切ろうとすると、「切ってもいいんですか」などと脅しに近い口調で迫られたという。
 もう1件の標的となったのは野口に住む男性で、4月末と5月末の2回、国勢調査の下調べとして男が訪問してきた。男は2回とも同じ人物で、見た目の年齢は65歳ぐらい。いずれも平日の午後2時ごろに訪れ、首から調査員証のような名札をぶら下げ、名簿のようなものを持って回っていたという。
 御坊市は今回、市内全体で121人の委託調査員を動員し、調査は原則、訪問のうえ面談で実施。10月1日現在の調査を前に、インターネットのオンライン回答用のIDや操作ガイドを示した用紙を9月10日ごろから全戸配布する。調査員の訪問時期はこのオンライン回答説明用紙の配布が最初となるため、現時点で調査員が家庭を訪問することはなく、電話は調査用紙を回収後に記入漏れがあり、訪問しても留守が続いた場合にかけることはあるが、その際も電話が非通知だったり、名前を告げないことは絶対にない。
 県と御坊市実施本部は「現在、電話による問い合わせや家庭訪問は行っていません。国勢調査をかたる不審な調査にはいっさい答えず、県庁調査統計課(℡073―441―2385)か御坊市実施本部(企画課℡0738-23-5518)までご連絡ください」としている。

関連記事

フォトニュース

  1. お年寄りはどこがいい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る