由良、日高、美浜の3町が戸籍データ共同管理へ

 巨大地震等の対策で由良、日高、美浜の3町は、11月1日から由良、美浜の戸籍データを専用の電子回線で日高町役場に送信し、保存、管理するシステムを稼働させる。津波被害が比較的少ないと予想される日高町役場にデータがあれば、由良、美浜のデータが津波被害などで消失しても、迅速に復旧が可能。町同士が協力しての戸籍データ管理は紀南エリアで初の試みとなる。
 戸籍データは出生、婚姻、死亡、離婚、養子縁組などで、日高町の正(メーン)サーバー、由良と美浜町の副サーバーを専用の電子回線で接続。由良、美浜から日高町が事務委託を受ける形で、送信されてきたデータを保存、管理する。由良と美浜町の役場は海に近い場所に建設されており、仮に津波などで戸籍データの管理システムが破損し、データが消えてしまってもバックアップができる。日高町に戸籍データが送られても、他町の内容は見ることができないようにして個人情報保護にも配慮する。
 全国的に東日本大震災後、戸籍データのバックアップシステムの必要性が言われ、すでに全国の各自治体とも国のバックアップセンターで戸籍データを保存、管理しているが、同センターのデータ送信は暗号化されているため、バックアップに時間がかかる。3町の場合はデータを暗号化せず、そのまま保存、管理するため、より一層スピーディーなバックアップが可能で、二重の安全管理にもなる。今回、3町は既設の戸籍データ管理システムのリース業者が同じだったということで協力することになったが、今後、他の自治体がシステムに参画することもできる。事業費は、3町合わせて5年間のサーバーのリース料や関連費用を含め約4500万円。3町で分担するため、経費削減にもつながる。同様のシステムは、湯浅町とかつらぎ町、高野町が10月からスタートさせる。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る