自転車の交通ルール確認を

 小さな子どもからお年寄りまで身近で手軽な乗り物の自転車。そんな自転車の交通ルールの罰則が1日から強化された。
 自転車は免許もいらないが、乗り方によってはとても危険な乗り物。猛スピードで歩道を駆け抜ける自転車を見るたび歩行者に接触しないか心配で、事故を起こさないことを祈るばかり。筆者が最近自動車からよく見かけるのはスマホを見ながらの運転。画面に夢中になるあまり左右にふらふら。接触されてはたまらないと、もう一つ右の通行帯にはみ出して追い越す。筆者自身も園児の頃から乗っているが、ハンドル操作のミスなど原因で、けがをしたのは1回や2回ではない。幸いたいしたことはなかったが、友人2人は、深夜に運転を誤って用水路に転落し、一人は肩を骨折、もう一人は鼻の骨を折る大けがをした。
 罰則強化では、悪質な運転者の安全講習が義務化された。危険行為14項目に該当する交通違反切符、もしくは交通事故を3年以内に2回した場合に、3時間5700円の講習。受講しなければ5万円以下の罰金が科せられる。対象者は14歳以上。危険行為は信号無視、遮断機を無視した踏み切りへの立ち入りはもちろん、通行禁止違反、通行区分違反、路側帯通行時の歩行者の通行妨害、酒酔い運転、ブレーキのない自転車利用、安全運転義務違反など。片手運転やスマホ運転は安全運転義務違反に当たる。
 自転車も止まれの標識は一時停止する、車道の逆走は禁止など知っていることも多いと思うが、通行可能な歩行者用道路では車道寄りを徐行すべきとのこと。知らないことや勘違いしていることもあるので、この機会に自転車の交通ルールの確認を。     (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る