国の過疎集落支援 新たに日高川町三百瀬も

 県が独自の事業をモデルとして国に提案、制度化された総務省の過疎集落自立再生対策事業は本年度、「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」に名称が変わり、県内から日高川町三百瀬など2地域が交付決定を受けた。国の支援事業では日高地方で4件目となる三百瀬は、遊休農地を活用した新たな特産品づくり、都市住民との交流、秋祭りの「三百瀬だんじり」の継承などに取り組む。
 県は平成23年度から、市町村全体ではなく、住民生活の一体性を重視した「過疎生活圏」の活性化に向け、住民の主体性を生かした取り組みを支援する独自の過疎集落再生・活性化支援事業を推進。これまで日高川町の寒川、みなべ町の清川、紀美野町の長谷毛原など13の生活圏が採択され、県の支援を受けて地域の特産、特性を生かした取り組みを続けている。
 今回の「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」は、和歌山県の過疎対策をモデルに制度化された国の事業。昨年度までは過疎集落等自立再生対策事業として、日高地方では日高町の比井崎、印南町の奥真妻(上洞・川又)、由良町の畑・中・門前の3地域が支援の採択を受け、事業名が新しくなった本年度は県内から日高川町の三百瀬と那智勝浦町の太田の2地域が交付先に決定した。
 三百瀬は108世帯313人が暮らし、高齢化率は25.2%。主な産業はかんきつ、野菜、水稲などの農業で、路線バス停留所、金融機関はなく、日用雑貨の商店が1軒だけとなっている。基幹産業の農業は高齢化、後継者不足、耕作放棄地の増加、鳥獣被害の拡大などが課題で、少子高齢化により地域の行事の規模縮小や休止もあり、地域の活力となるコミュニティーの強化が必要。国からは1450万円の補助を受け、本年度は三百瀬元気づくりの会が主体となって活動拠点施設を整備し、遊休農地を活用したコンニャク芋の栽培・特産化、貸し農地を通じた都市住民との交流、秋祭り(紀道祭)の三百瀬だんじりの継承などに取り組む。

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る