県が有害刃物の規制条例改正へ

 全国的に相次ぐ刃物を使った凶悪事件を受け、県は殺傷能力の高い刃物について、18歳未満の少年の所持を禁止する条例改正案を9月議会に提出する方針を決めた。規制対象となるのは、ことし2月の紀の川市の小学生刺殺事件で使用されたとみられる「ククリナイフ」と呼ばれる大型の刃物など。現行は刃渡り6㌢以上の有害指定刃物類の少年への販売、譲渡を禁止している条例を改正し、自宅などでの保管、所持も禁止する。
 ことし2月の紀の川市の事件では、当時22歳の無職の男が近所に住む小学5年生の男の子を刃物で切りつけ、殺害。逮捕後、男の自宅からは軍隊や狩猟で使われる刀身が「く」の字に湾曲した「ククリナイフ」など大型の刃物が複数押収され、犯行に使用したとみられている。
 県の青少年健全育成条例は現在、カッターナイフや料理包丁など家庭用、業務用の刃物を除く刃渡り6㌢以上の刃物を「有害指定刃物類」とし、18歳未満の少年への販売、譲渡を禁止。これに違反した場合は販売業者らに罰金30万円以下の罰則があるが、少年らの自宅等での「所持」は規制されていない。
 県は今回、刃渡り6㌢以上のククリナイフなど、殺傷能力が高い有害刃物類の18歳未満の所持を禁止する方針を決め、9月議会に青少年健全育成条例の改正案を提出する予定。同時に、国に対してもククリナイフ等の危険な刃物の所持を禁じる銃刀法の改正、全国的な統一規制を要望する。
 仁坂吉伸知事は「青少年の所持は県の条例で禁止できる。権利の制限にもなるので、パブリックコメントを実施したうえ、9月議会での改正を目指したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る