災害への準備できてますか

 鹿児島県の屋久島の西にある口永良部島で29日朝、爆発的噴火が発生し、火砕流も海岸まで到達した。噴煙は上空9000㍍以上にもなり、新聞報道の写真を見れば規模の大きさが分かる。昨年9月に多数の犠牲者を出した御嶽山の噴火、ことしに入ってからも箱根山での火山活動など相次いでおり、活動期なのかと心配になる。東日本大震災以降、地球の内部で何かが起こっているのではと勝手な推測をしてしまうのも無理はない。だからこそいつどこで何が起こるか分からない、そんな意識を高めなければと思う。
 口永良部島での噴火では、けがや体調不良で病院に搬送された人はいたが、幸い犠牲者はゼロだった。昭和以降だけで10回近くの噴火を繰り返してきており、教訓が生かされたことが被害を最小限にくい止めた一つの要因だという。昨年8月に噴火して以降、島唯一の学校では教諭の車を校舎脇に止めて迅速に避難できるように普段から準備していたほか、避難場所の見直しも行い、地区ごとの避難ルートを作成していたことも奏功した。日ごろの備えがいかに大切かが分かる。
 近い将来に南海地震等の発生が懸念されている日高地方では、津波に対する危機意識は高いといえるが、災害は地震だけではない。身近な脅威でいえば、これから梅雨から夏場にかけて多発する集中豪雨による被害も十分予想される。避難勧告や指示が出たとしても、道路にも水があふれてきた場合どのルートで避難するのか、自宅や会社の2階でいる方が安全なのか、各自の判断力が求められる。とっさの判断ができるかどうか、やはり普段から考え、備えをしておくことに尽きるだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る