氷上の表現者の戦い

 平成27年度市民教養講座がスタート。第1回はプロフィギュアスケーターの鈴木明子さんが講師を務め、6歳から五輪までスケート人生を振り返った◆再三語られたのは、自身が非常に「怖がり」だということ。何かあるとすぐに「どうしよう」と緊張してしまう。冬季五輪のテレビ中継などを見て、全世界の人が注視する中で演技するなど並大抵の精神力ではできないだろうなと思っていたが、鈴木さんは24歳で出場したバンクーバー五輪を「怖くて怖くて逃げ出したかった」と振り返った。直前の6分間練習がうまくいかず、不安が最高潮に達してしまったという。最初のポーズの時、伸ばした手の先がプルプルと震えていて、「あ、私いま緊張してる」と思った◆しかし、ここで鈴木さんは「緊張をも楽しんでしまう」境地に。18歳で摂食障害と戦っていたとき支えになってくれた母から「いいよ、緊張して。緊張を楽しんできなさい」という言葉をもらっていたのだ。そうなると「私は今まで、直前の6分なんかで左右されるような生半可な練習はしていない」と腹をくくることができた。「緊張感も大事。それがまったくなかったら演技はできない」という。「いい緊張」へと持っていき、自分自身をコントロールして楽しむことを鈴木さんは五輪という大舞台で自分のものにした。五輪の連続入賞は、日本女子では他に伊藤みどり、佐藤有香、村主章枝、浅田真央の4人だけである◆フィギュアは他のスポーツとは違って芸術の要素が強く、表現者としての個性が求められる。小さい頃から表現力に定評があったという彼女は今、振り付け師を目指している。講演活動も含め、新たな表現の場を楽しんでいるようだ。リンクの上とはひと味違うストレートヘアと爽やかな笑顔が印象的だった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る