中津村森林組合が50周年

 日高川町高津尾の中津村森林組合(柏木一夫代表理事組合長)は、ことし3月29日で発足50周年を迎え、6月21日には記念イベントとして感謝祭が催される。節目に際し、柏木組合長は「これからも組合員、地域住民の皆さまとのつながりを大切に地域振興に取り組んでいきます」と話している。
 中津村森林組合は、昭和40年3月29日、船着村森林組合と川中村森林組合が合併して誕生。57年に木材加工センターを開業した。長年にわたり森林の整備や管理、製材などの業務で、環境整備と地域の基幹産業の一翼を担うとともに、雇用に大きく貢献。近年は、住宅への無垢材(合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材)の使用量も減り、海外輸入材に押されて、国産木材価格が最盛期の3分の1程度に下落、全国的に森林荒廃も進むなか、地域の将来を見据えた事業を展開している。現在は川辺町、美山村、印南町の3森林組合と合併協議を進めている。組合員数は432人、役員は理事11人、監事3人。
 21日の感謝祭は、当日の総会に合わせて、日高川町合併10周年記念事業として午前9時から午後3時まで開催。多くの人に森林資源に親しみ、感謝の気持ちを感じてもらおうと企画した。「人と森を守ろう」をテーマに、イス作りなどの木工体験、ログ製品や林業・農業機械の展示販売、バーベキュー体験、模擬店、もちつき体験など小さい子どもから大人まで楽しめる催しを盛りだくさん企画している。
 柏木組合長は「50周年を迎えることができましたのも、組合員、地域住民の皆さまのおかげと感謝しています。今回50周年の節目に、地域交流の場として森林組合の一面を見ていただきたく、森林と木材にふれあえる機会を企画しました。多くの皆さまの来場を心からお待ちしています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さまのお支えのおかげです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る