アジサイで癒やしのひととき

 梅雨時期に咲くアジサイ。「七変化」と言われるように、咲いているうちに段々と色を変化させる。しとしと降る雨に打たれ、そのしずくを残す姿は、美しく風流で、日本の梅雨の風物詩。筆者も好きな花だ。漢字では「紫陽花」と書く。調べて見ると、アジサイは日本原産の花で、語源ははっきりしないが、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったとされる説が有力だという。このあじさいに対し、本来の「紫陽花」は唐の詩人、白居易が名付けた別の紫の花で、平安時代の学者、源順(みなもとのしたごう)が「アジサイ」にこの漢字を当て、誤用が広まったという。
 そんなアジサイは全国各地に名所があるが、日高地方では日高川町高津尾の中木地区も観賞スポット。7、8年ほど前、県の補助事業で地元住民らで「中木区美しい里づくり会」を設立し、県道沿いに植えたアジサイだ。温泉館やハーブ園などある同地を花々で美しい地域にし、観光客誘致や地域活性化につなげる取り組みだったが、現在ではシーズンになると、約3000本のアジサイが咲き誇る見事なアジサイロードが観賞できる。
 その美しいアジサイを楽しめるイベント「美しの里・日高川まつり~ハーブ・アジサイ~まつり」が6月21日に開催される。里づくり会とハーブの会日高川メンバーによる実行委員会が主催のイベントでことしで4回目。アジサイロードの散策をはじめ、ハーブ園の観賞、ハーブティーのサービス、芳澤あやめ生誕の地や筏流しの難所など巡る美しの里ウォーク、オープンガーデンの見学、各種体験など盛りだくさん。楽しいひとときと癒やしを求めて足を運んでみては。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る