アジサイで癒やしのひととき

 梅雨時期に咲くアジサイ。「七変化」と言われるように、咲いているうちに段々と色を変化させる。しとしと降る雨に打たれ、そのしずくを残す姿は、美しく風流で、日本の梅雨の風物詩。筆者も好きな花だ。漢字では「紫陽花」と書く。調べて見ると、アジサイは日本原産の花で、語源ははっきりしないが、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったとされる説が有力だという。このあじさいに対し、本来の「紫陽花」は唐の詩人、白居易が名付けた別の紫の花で、平安時代の学者、源順(みなもとのしたごう)が「アジサイ」にこの漢字を当て、誤用が広まったという。
 そんなアジサイは全国各地に名所があるが、日高地方では日高川町高津尾の中木地区も観賞スポット。7、8年ほど前、県の補助事業で地元住民らで「中木区美しい里づくり会」を設立し、県道沿いに植えたアジサイだ。温泉館やハーブ園などある同地を花々で美しい地域にし、観光客誘致や地域活性化につなげる取り組みだったが、現在ではシーズンになると、約3000本のアジサイが咲き誇る見事なアジサイロードが観賞できる。
 その美しいアジサイを楽しめるイベント「美しの里・日高川まつり~ハーブ・アジサイ~まつり」が6月21日に開催される。里づくり会とハーブの会日高川メンバーによる実行委員会が主催のイベントでことしで4回目。アジサイロードの散策をはじめ、ハーブ園の観賞、ハーブティーのサービス、芳澤あやめ生誕の地や筏流しの難所など巡る美しの里ウォーク、オープンガーデンの見学、各種体験など盛りだくさん。楽しいひとときと癒やしを求めて足を運んでみては。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る