大イチョウすっきり

 おみどうさんの愛称で親しまれている御坊市の日高別院で23日、境内にある県指定天然記念物のイチョウの木の剪定作業が行われた。
 樹齢450年といわれる大木は、幹の真ん中あたりに縦に長さ約5㍍の亀裂があり、今後、台風等で枝が揺さぶられると真っ二つに割れてしまう危険性もあることから10年ぶりに”手当て”した。 
 剪定といってもクレーン2台とチェーンソーを使う大がかりな作業で、横に伸びる太い枝を次々と伐採。樹木医で造園業の松樹園(御坊市藤田町吉田)の林弘一代表の指示のもと、2㌧ダンプ7~8車分の枝が切り落とされ、すっかりスリムになった。亀裂部分には樹脂を詰め、これ以上腐食しないよう処置もした。林さんは「幹の一部が腐食しているとはいえ、葉の状態からみても樹勢は良好。これで当分、台風が来ても大丈夫でしょう」と太鼓判。作業を見守った日高別院責任役員の樽井昭三さん(73)は「園児も安心して遊べます」と喜んでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る