元原発作業員 農業で再出発

 御坊市塩屋町南塩屋の県農業大学校就農支援センターで、離転職者等を対象とした社会人課程の研修がスタートした。ことしは県内外から男性4人が受講し、東日本大震災の原発事故の影響で福島県から美浜町へ移住した中澤孝徳さん(29)は元原発作業員。生まれ育った大熊町へ戻れるめども立たず、「以前から興味のあった農業で人生を再スタートしたい」と和歌山での就農、永住を決意した。
 社会人課程研修は今月19日から来年2月19日まで続き、平日は毎日午前9時から午後4時まで、農産物の生産から販売に関する知識、技術を講義と実習で身につける。当面はスイカやナスビ、ウメ、ブルーベリーなど夏の野菜と果樹を栽培し、9月から1月までは毎月5日間(計25日間)の農家実習も始まり、9カ月で農業のプロフェッショナルを育成する。ことしは貝塚市、和歌山市などから4人が受講している。
 中澤さんは福島県でサラリーマン家庭に育ち、東日本大震災までは原発検査の作業員として、全国の原発で仕事をしてきた。福島第一原発事故が起きたときは青森の原発にいたため難を逃れたが、事故発生から4年が過ぎたいまも両親は埼玉県に移ったままで、大熊町の実家周辺には除染廃棄物の中間貯蔵タンクが建設される予定。再び福島で暮らせるめども立たないなか、「もともと自然に携わる仕事がしたかった」という中澤さんはことし1月に美浜町へ移り住み、和歌山での就農を決意したという。
 栽培したい農作物はミニトマト。「私はまだ独り身ですから、1人でも栽培できて、収益を上げるには、食べるのも大好きなミニトマトがいいと思います。この和歌山にしっかり腰を据え、農業で人生を再スタートしたいです」。22日は小玉スイカの研修園地で、真剣な表情で指導員の話に耳を傾けていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 家族仲よく「和」の1年に

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る