日高高校生 ネパールへ義援金募る

 日高高校の生徒会(辻汰輝会長)は、昨年10月のアジア高校生フォーラムの参加国として友好を深めたネパールでの大地震発生を受け、21日から校内で義援金を募っている。6月7日には小竹八幡神社周辺で行われる「ごぼう商工祭2015」で一般向けに募金箱を設置。「仲良くなったネパールの人を助けたい」と協力を呼びかけている。
 ネパール地震は4月25日、ガンダキ県ゴルカ郡サウラパニを震源として発生した地震。8000人以上が死亡している。日高高校は昨年10月、アジアの16カ国・地域の高校生を集めて御坊市民文化会館でフォーラムを実施し、環境や文化について意見を交換した。ネパールからもフロレセンス校の男子生徒1人、女子生徒1人、付き添い教員1人の3人が参加していた。地震発生後、当時の稲葉真実生徒会長らが3人にフェイスブックなどを使って安否を確認。約1週間後に3人の無事が確認されたが、学校周辺でも大きな被害が出たと予想されるため募金活動に向けた準備を始めた。生徒会が辻会長の新体制に代わったあと、21日からホールや図書館など校内4カ所に募金箱を設置した。辻会長、岩﨑弘将副会長をはじめ、稲葉前会長、役員の黒祖友夏さん、丸井瑞穂さんらを中心に全校生徒に呼びかけ、次々と善意金が集まってきているという。
 商工祭では日高高校から参加する美術部、書道部、茶道部のブースに募金箱を設置する。集めた義援金は大使館を通じてフロレセンス校に送る。生徒たちは「日本に来た3人は元気で話しやすく、面白かった。無事でよかったです」と話し、「少しでも助けになるよう、多くの皆さまからの協力をお願いします」と呼びかけている。この活動には御坊ロータリークラブ、保護者会の双成会、同窓会、上田優人校長の母校早稲田大学OBでつくる稲門会(とうもんかい)も協力している。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る