みなべでFAO歓迎セレモニー

「みなべ・田辺梅システム」で世界農業遺産登録を目指すみなべ町と田辺市で21・22日、認定機関の国連食糧農業機関(FAO)が現地視察を実施。初日は同町の紀州南部ロイヤルホテルで歓迎セレモニーが行われ、3人の調査員に県内産を食材とした料理を振る舞い、炭琴、よさこい踊り、太鼓の舞台でもてなした。
 訪れた調査担当者は阿部健一氏(総合地球環境学研究所研究高度化支援センター教授)、ダニエル・ナイルズ氏(同所研究推進戦略センター准教授)=アメリカ=、ヴァファダーリ・カゼム氏(立命館アジア太平洋大学准教授)=イラン=の3人。石神梅林(田辺市)、秋津川ガルテン(同)などを見て回り、初日の調査が終了したあと、セレモニーで歓迎を受けた。テーブルには県内産の梅やうめどり、イノブタ、ウスイやインゲンなどの食材を使った料理がずらりと並んだ。
 開会に当たってみなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会長の小谷芳正町長が「地元住民から十分に話を聞いてもらい、協議会の心意気を汲み取ってもらいたい。400年前から栽培されている梅や1200年前から続けられている備長炭の技法を子や孫に伝えていくためのを努力をしていきたい」とあいさつし、下宏副知事も「この地域は有数の梅の生産地で、全国の50%を占めている。梅は日本食にとってなくてはならい食材。梅の機能性についても医学的に証明されている」などとアピールした。調査員を代表して阿部氏が「世界農業遺産は建物や文化をそのままの形で残すユネスコの世界遺産と違い、良い方向にどんどんと変えていくことが大事。しかし、変えてはならない部分があり、それをこの地で考えてみると、決して豊かでなかった土地を使って大事に作物をつくってきた人々の心意気ではないか」と述べた。
 舞台発表では秋津川炭琴サークルが炭琴、プラリズムがよさこい踊り、北道王子太鼓が太鼓演奏を披露した。審査員の中には炭琴に興味を示し、演奏終了後に舞台に上がって実際にばちでたたく姿もみられた。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る