努力はうそをつかない

 先日の平日の夕方、学生時代の大阪の友人から十数年ぶりに電話があり、和歌山にドライブに来ているとのことだったので、コーヒーをすすりながら昔話に花を咲かせた。パン店を開業し店長として頑張っている彼は昨年、ヘルニアの手術をして3カ月間休業していたとのこと。長期休業でお客さんが離れてしまうと不安に襲われたが、ことし1月から復帰して再開した途端、大勢の人が来店してくれたことがうれしかったという。毎日朝早くに起き、夜遅くまで仕事をしていた毎日、正直嫌になって辞めたいと思うこともあったそうだが、今回の休業と再開、お客さんの気持ちに触れ、いままでの嫌な気持ちが吹っ飛んだと話していたのが印象的だった。何かとストレスがたまる日々、彼の話を聞いてすがすがしい気持ちになれた。
 ついつい自分のことばかり考えて仕事をしてしまうが、商売なら当然、お客さんがあって初めて成立する。生活していく上で自分の利益を考えるのは当たり前だが、ひとりよがりになってはダメ。新聞も同じで、読者の皆さんがあってこそ成り立つ。読者は何を知りたいと思っているのか、一般住民の感覚を忘れてはいけない、初心に帰れたひとときでもあった。
 景気回復のみじんも感じられない日高地方では、夫婦共働き、家庭との両立、多くの人が一息つく暇もなく毎日を過ごしている。ストレスはたまる一方だが、そんなときこそ少し立ち止まり、深呼吸することも必要だろう。政治家や行政が助けてくれる訳でもない、自分たちで道を切り開いていかなければならない時代。前述の友人の話ではないが、真面目に努力を重ねていれば、誰かがきっと見てくれている。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る