政治家は厳しい山に挑め

 集団的自衛権の限定行使を可能にすることなどを柱とする、安全保障関連法案が閣議決定された。日本の安保政策の歴史的転換に向け、安倍首相は「日米同盟による抑止力向上のためには法制化が不可欠」とし、あらためて現状の安保法制は不十分との認識を示した。
 同盟国が武力攻撃を受け、そのために国民の生命が危険にさらされた場合や、漁民を偽装した武装集団が日本の離島に上陸、占拠するなどのグレーゾーンにも対応できるのは自衛隊をおいてほかにない。その自衛隊がいざというとき、速やかに行動できるようにするための恒久法。それは決して、日本が戦争を仕掛けるためのものではない。
 他方、大阪都構想の実現を目指した橋下大阪市長の戦いが終わった。結果は「NO」。現在の任期が満了すれば、政界から完全に身を引くことになったが、動かぬ政治を動かし、歴代市長が手もつけなかった改革を次々断行した実行力は高く評価されるべき。一時、国政への勢力拡大で迷走し、府市民の関心が薄れ、都構想がぼやけてしまったのが悔やまれる。
 政治家はまちづくり、国づくりのビジョンを示し、自身の考えや主張をわかりやすく有権者に伝えなければならない。目の前の巨大な壁を打ち破るには、橋下市長のように「戦(いくさ)」と称して選挙を挑む覚悟も必要。しかし、急いて事を仕損じたか。敵に容赦なく牙をむく姿も、市民の目には余裕がないように映ったのかもしれない。
 大阪と日本のリーダーでは肩の荷の重さは違えど、国を憂う熱いスピリッツは同じ。橋下市長は引退するが、安倍首相はいよいよこれから厳しい山越えが続く。まずは安保法制。慎重にも力強く、国民のために歩を進めてもらいたい。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る