安倍首相が台風災害復旧現場を視察

 安倍晋三首相が16、17の2日間、和歌山県内を訪問し、世界遺産の高野山や熊野本宮大社、和歌山市の島精機製作所を視察した。日高地方にも大きな被害をもたらした4年前の台風12号豪雨の災害復旧状況視察では、田辺市中辺路町の国道311号の工事現場に立ち、仁坂吉伸知事から工事の進捗状況等の説明を受け、「あらためて国道が果たす役割は大きいと感じた」などと感想を述べた。
 安倍首相は16日朝、世耕弘成官房副長官らとともに兵庫県へ入り、神戸市にある阪神淡路大震災の「慰霊と復興のモニュメント」などを訪れ、午後には南海電車で高野山に到着。二階俊博総務会長、仁坂知事らの出迎えを受け、開創1200記念大法会でにぎわう金剛峯寺や壇上伽藍を参拝し、夜は白浜町内のホテルに宿泊した。
 17日はまず台風12号豪雨の災害復旧状況をみるため、田辺市中辺路町の滝尻王子近くの県管理国道311号を訪問。大規模な土砂崩れで道路が寸断された富田川沿いの現場は、土砂で埋まった道路の対岸に道路と2本の橋が新設され、ことし3月27日に供用開始となった。
 仁坂知事はパネルを使って、12万立方㍍もの土砂の撤去、応急仮設道路と仮橋の建設など、災害発生から3年半後の対岸ルート供用までの工程を説明。「被災現場を長くそのままにしておくと、地域の経済はもちろん、人の心もすさんでくる。私たちはそれを恐れ、一日も早い復旧、復興を目指して取り組んできた。とくに国土交通省、内閣府の方々にはお世話になり、助けていただきました」と感謝を示すと、安倍首相は「ここは道路の機能を維持しながらの復旧だったようだが、やはり国道の果たす役割はあらためて大きなものがあると感じた」などと述べ、国、県、市町が一体となっての取り組みに深くうなずいていた。
 国道311号の視察には約50人の一般住民が集まり、終了後、安倍首相は1人ひとりと握手し、高校生らとのスマホでの写真撮影にも笑顔で応じていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る