ママ、見てみて!

 美浜町三尾のイラストレーター、えんどうひとみさんが主宰する絵画教室「アトリエビアンコ」では現在、小学生や主婦ら約10人が絵画、工作等の作品づくりに励んでいる。先月は御坊市内で子どもたちを対象に牛の写生会を開き、今月30、31日にはそのときの絵などを集めた作品展、ウエルカムボード作りのワークショップを開催する。
 大阪出身のえんどうさんは、三尾の美しい海の眺めに魅せられ、おととし12月にIターン移住して「海の見えるアトリエ」を開設。同時に、子どもと一般を対象としたイラストや絵画の創造教室「アトリエビアンコ」をスタートさせ、子どもたちには目の前の海でとれた魚や植物、野菜などを題材に、いろんな絵の具で自由に表現する「楽しさ」「面白さ」を知ってもらうことを基本として指導している。
 先月には御坊市野口の畜産農場の協力を得て牛の写生会を開き、16日の子ども向け教室ではそのときに描いた作品を飾る額縁作りなどを行った。美浜町和田の堀友里子ちゃん(3)の作品は、画用紙いっぱいに描いたアオリイカ。額縁は青や赤、黄色などいろんな色を混ぜ合わせ、手のひらも使って楽しそう。約2カ月前から通い始めた日高川町土生の飯島真結子ちゃん(3)は、牛のそばで自分と兄の應介君(6)が遊んでいる絵を描き、「牛は怖くなかったよ」と笑顔で話していた。
 30、31日の作品展は両日とも午前11時から午後4時まで。子どもたちと一般合わせて約20点の絵画、立体イラスト、陶芸などを展示する。ほかに当日イベントとして、板や木切れを使ったウエルカムボード作りのワークショップ(両日とも2時から)も開催。えんどうさんは「子どもたちは楽しみながら、自信を持って表現することが大切で、小さな子はのびのびと好きなものを描いています。初夏のひととき、アトリエに集う方たちの作品をご覧いただきながらゆっくりとお過ごしください」と話している。
 問い合わせはアトリエビアンコ℡0738-20-5093。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る