漢字は成り立ちから

 新聞記者と言う比較的文字を扱う仕事をしているが、基本的にパソコンを使って記事を書いているせいか、漢字があまり得意でない。困るのが取材でのメモ。一般的な取材はひらがなでも問題ないのだが、名前を尋ねる時は漢字で書き、見てもらって確認するのだが、そんなときに限って思い出せなかったりする。以前「はいけい」の「けい」と言われた際、「背景」の「景」と思ったら、「拝啓」の「啓」だったなどということもあったので、やはり見てもらうのが確実。最近は子どもの名前に常用しないような漢字もあるので、ペンを渡して書いてもらうこともある。
 日本漢字能力検定協会は2014年度の漢字受験者の合格データをまとめた。受験した208万8470人の合格率を小学生、中学生、高校生の3つに分け都道府県別に発表。和歌山県は小学生で全体平均より下回ったが、中学、高校生では上回った。気になったのは小学生で1位で、中学、高校でも平均を上回った福井県。理由としては漢字学専門の白川静氏(1910~2006年)の出身地ということで、漢字教育に力を入れているという。
 白川氏は、従来の漢字解釈を覆し、中国の古代人の生活と意識にまで踏み込んだ独自の「白川文字学」を確立した。たとえば「道」という漢字の中になぜ「首」が入っているのかについては、見知らぬ民族が住む異郷の地へ踏み入る際、邪悪な霊を押さえつける霊力を持つと言われていた戦で手に入れた「人間の首」を持っていたことが由来だという。
 以前、「記憶力アップのコツは意味付け」という講演を聞いたことがあるが、漢字も同じなのだろう。よく間違える漢字は一度成り立ちを調べてみてはどうだろう。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る