大和歯車 和歌山第2工場が竣工

 日高川町平川の精密歯車の製造・開発企業、大和歯車製作㈱=本社東大阪市、津井克巳代表=の「和歌山第2工場」の竣工式は15日に現地で行われ、関係者約50人が完成を祝った。新工場の設置により生産能力を増強、今後成長が見込まれる航空機、鉄道、船舶の3分野への本格参入を図る。津井代表は「正真正銘の和歌山一、日本一の航空機ギア(歯車)工場を目指したい」と話している。
 竣工式には同社や施工の㈱増岡組=本社東京都=、設計の㈱宮本設計=兵庫県宝塚市=、県や町の関係者らが出席。神事は地元、土生八幡神社の間野常民宮司が祭主となって執り行われ、津井代表や日高川町の市木久雄町長らが玉串をささげた。最後にお神酒で工場の完成を祝うとともに、同社のさらなる飛躍を願った。津井代表は「地域をはじめ、県、国に貢献できる会社を目指しています。今回の新工場建設を弾みに、世界に市場を広げていきたい」と話し、市木町長は「素晴らしい工場の完成、お喜びを申し上げます。工場の完成とともに、新たな分野への参入を期待しています。社のますますの発展を心から祈っています」と祝った。
 新工場は3万5635平方㍍の和歌山第1工場敷地内に建設。一部2階建て、延床面積約3600平方㍍で、1階部分が工場、2階部分は事務所。工場には、一部第1工場の設備を移転したほか、最先端の歯車研削盤やNC旋盤などの設備を導入し、焼き入れ(熱処理)の研究施設も併設している。事業費は約17億2400万円。地元を中心に3年間で13人の雇用を予定している。
 同社は旧川辺町が平成4年6月に誘致した企業。既存の和歌山第1工場は同社の生産拠点として工作機械、一般産業機械をはじめ、印刷機、発電機、船舶、鉄道、航空機など幅広い分野で使われる高付加価値の精密歯車を製造している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る