みなべ町へのふるさと納税が人気

 みなべ町への「ふるさと納税(ふるさと応援寄付金)」件数が、本年度がスタートしてわずか1カ月半で早くも過去最高の28件となり、人気を呼んでいる。これまで梅干しだけだった返礼品に本年度から干物と備長炭も加え、さらに今月14日、これからが旬の青梅を追加してから申し込みが急増。4月から町のホームページに返礼品の写真を掲載して情報発信していることも要因とみられ、町では「早速効果が出た」と喜んでいる。
 同町へのふるさと納税件数は、スタートした平成20年度は6件、21年度も同じく6件、22年度は4件、23年度8件、24年度9件、25年度にようやく12件と二桁になり、26年度はこれまでで最も多い18件だった。
 本年度分は今月14日現在で23件、さらに事務手続きが済んでいない申し込み5件を合わせると28件。なんと、わずか1カ月半でこれまでの年間件数を大きく上回る人気となっている。
 町では、「返礼品の追加とホームページへの掲載で効果があったのでは」と分析。1万円以上の納税者への返礼品はこれまで梅干し(白干しやハチミツ漬けなど)1㌔だけだったが、昨年、町議会の一般質問で「ふるさと納税を活用してもっと多くの特産品をPRしてはどうか」との提案があり、4月1日からアジやウルメイワシなどの干物、紀州備長炭(3㌔程度)を追加。今月14日には青梅(5㌔相当)も期間限定(6月10日まで)で加えると、青梅だけで3件の申し込みがあった。町では「町の特産品を多くの人にアピールできる機会になれば」と期待している。
 ふるさと納税は、寄付額の2000円を超える部分について一定の上限まで原則として所得税・個人住民税から全額が控除される仕組み。

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る