日高川の恵みの新商品

 今月1日に日本一早く漁解禁となるなどアユの名所として知られる日高川。日高川町松瀬の日高川漁業協同組合は、3年前からそんな日高川の恵み、アユとアマゴの一夜干しを製造、販売。商品は某ビール会社のプレゼントキャンペーンで県代表商品に選ばれ、クラシックカーイベントで日高地方を訪れた有名人も絶賛。筆者も大好きな商品で、年間アユが約10万袋、アマゴが約5万袋売れる人気商品となっている。
 日高川漁協では新たにアユなど川魚を原材料としたレトルト食品を開発した。新商品は子持ちアユの煮付けなど9品。このほど地元日高川町役場で試食会が開かれたが、以前から開発に取り組んでいたのを知っていただけに、この日を楽しみに待っていた。市木久雄町長らとともに試食させていただいたが、いずれの商品も本当においしい。子持ちアユの煮付けやみそ煮はご飯のおかずやお酒の肴に最適。オリーブオイル煮やトマトクリーム煮はイタリアンにもぴったりで、甘露煮は味わった瞬間ビールがほしくてたまらなくなった。
 いずれの商品も頭から背骨まで柔らかく調理されており、小さな子どもからお年寄りまですべての部分が食べられる。それに調理も袋から出すだけと簡単で、レンジで温めたり、茹でたり一手間加えればうまさもアップ。一夜干しのような冷凍食品とは違い、常温で長期保存できるのもうれしい。すでに一部商品は県内の道の駅や温泉宿泊施設、土産店などで販売中。子どものおかずにもちろん、暑くなるこれからの季節のお父さんのビールの友として、またお世話になった方へのお中元としていかがだろう。きっと日高川の恵みを喜んでもらえます。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る