日高川の恵みの新商品

 今月1日に日本一早く漁解禁となるなどアユの名所として知られる日高川。日高川町松瀬の日高川漁業協同組合は、3年前からそんな日高川の恵み、アユとアマゴの一夜干しを製造、販売。商品は某ビール会社のプレゼントキャンペーンで県代表商品に選ばれ、クラシックカーイベントで日高地方を訪れた有名人も絶賛。筆者も大好きな商品で、年間アユが約10万袋、アマゴが約5万袋売れる人気商品となっている。
 日高川漁協では新たにアユなど川魚を原材料としたレトルト食品を開発した。新商品は子持ちアユの煮付けなど9品。このほど地元日高川町役場で試食会が開かれたが、以前から開発に取り組んでいたのを知っていただけに、この日を楽しみに待っていた。市木久雄町長らとともに試食させていただいたが、いずれの商品も本当においしい。子持ちアユの煮付けやみそ煮はご飯のおかずやお酒の肴に最適。オリーブオイル煮やトマトクリーム煮はイタリアンにもぴったりで、甘露煮は味わった瞬間ビールがほしくてたまらなくなった。
 いずれの商品も頭から背骨まで柔らかく調理されており、小さな子どもからお年寄りまですべての部分が食べられる。それに調理も袋から出すだけと簡単で、レンジで温めたり、茹でたり一手間加えればうまさもアップ。一夜干しのような冷凍食品とは違い、常温で長期保存できるのもうれしい。すでに一部商品は県内の道の駅や温泉宿泊施設、土産店などで販売中。子どものおかずにもちろん、暑くなるこれからの季節のお父さんのビールの友として、またお世話になった方へのお中元としていかがだろう。きっと日高川の恵みを喜んでもらえます。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る