よい歯のコンク 最優秀に山戸さん母子

 日高歯科医師会(柏木健夫会長)の第7回家族でよい歯のコンクール御坊保健所審査が13日に行われ、最優秀賞に御坊市野口、山戸由香里さん(31)、日向(ひなた)君(4)母子が選ばれた。7月に行われる県審査に進む。ともに虫歯ゼロ、歯並びや歯茎の状態など「健康的でお手本のよう」と高い評価を受けた。優秀賞1組とともに6月6日に日高川町で開くよい歯のフェスティバルで表彰される。
 昨年4月1日からことし3月31日までに3歳児歯科検診を受診した幼児と保護者が対象で、ことしは歯科医師の推薦を受けた2組が、この日の最終審査に進んだ。
 審査は同歯科医師会の五木田恒明さんと中野真行さんが行った。山戸さんは母子とも虫歯はなく、口の中の清掃状態などすべての項目で優秀との評価だった。五木田さんと中野さんは「虫歯も歯槽膿漏(しそうのうろう)もなく、きれいで健康的なお手本になる口の中でした」と太鼓判を押した。
 永久歯になってからは治療経験がないという由香里さんは、毎日の歯磨きはもちろん、寝る前には液体のマウスウォッシュで口をゆすいで虫歯を予防。歯科医院での定期健診も受けており、歯石の除去にも努めている。塩屋幼稚園年中児の日向君は毎日朝、昼、夜の3回歯みがきしており、夜は由香里さんが仕上げに磨いている。日ごろからジュースはできるだけ飲ませないようにしているという。由香里さんは「最優秀賞とは思っていなかったのでびっくりしています。母が虫歯が多かったので、私が虫歯にならないようにと小さいころから予防に気をつけてくれていたのがよかったのだと思います。これからも虫歯ゼロへ頑張りたい」と話していた。
 優秀賞には叢みな子さん、瑛信君母子(印南町)が選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る