よい歯のコンク 最優秀に山戸さん母子

 日高歯科医師会(柏木健夫会長)の第7回家族でよい歯のコンクール御坊保健所審査が13日に行われ、最優秀賞に御坊市野口、山戸由香里さん(31)、日向(ひなた)君(4)母子が選ばれた。7月に行われる県審査に進む。ともに虫歯ゼロ、歯並びや歯茎の状態など「健康的でお手本のよう」と高い評価を受けた。優秀賞1組とともに6月6日に日高川町で開くよい歯のフェスティバルで表彰される。
 昨年4月1日からことし3月31日までに3歳児歯科検診を受診した幼児と保護者が対象で、ことしは歯科医師の推薦を受けた2組が、この日の最終審査に進んだ。
 審査は同歯科医師会の五木田恒明さんと中野真行さんが行った。山戸さんは母子とも虫歯はなく、口の中の清掃状態などすべての項目で優秀との評価だった。五木田さんと中野さんは「虫歯も歯槽膿漏(しそうのうろう)もなく、きれいで健康的なお手本になる口の中でした」と太鼓判を押した。
 永久歯になってからは治療経験がないという由香里さんは、毎日の歯磨きはもちろん、寝る前には液体のマウスウォッシュで口をゆすいで虫歯を予防。歯科医院での定期健診も受けており、歯石の除去にも努めている。塩屋幼稚園年中児の日向君は毎日朝、昼、夜の3回歯みがきしており、夜は由香里さんが仕上げに磨いている。日ごろからジュースはできるだけ飲ませないようにしているという。由香里さんは「最優秀賞とは思っていなかったのでびっくりしています。母が虫歯が多かったので、私が虫歯にならないようにと小さいころから予防に気をつけてくれていたのがよかったのだと思います。これからも虫歯ゼロへ頑張りたい」と話していた。
 優秀賞には叢みな子さん、瑛信君母子(印南町)が選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る