災害には白旗揚げて避難

 4月25日にネパール中部を震源とするネパール地震が発生した。マグニチュード7・8。建物が倒壊し、瓦礫の下敷きになって尊い命が失われた。12日にもマグニチュード7・3の余震とみられる地震が発生し、緊張感はいまも続いている状態だ。
 これまでの報道によると、8000人を超える住民らが亡くなったと伝えられている。1000年に1度とまでいわれている平成23年の東日本大震災の死者数約1万8000人と比較しても、今回の地震で約半分に当たる命が奪われたことになり、被害の大きさを物語っている。
 近年は災害が頻繁に発生している傾向がある。国内をみてみると、昨年9月には岐阜・長野の県境にある御嶽山が噴火し、登山者ら57人が亡くなった。最近では神奈川と静岡にまたがる箱根山でも火山活動が活発となり、警戒レベルも上がっている。もし大噴火があれば、大きな被害が心配される。
 日本は世界有数の自然災害大国といわれる。地震、津波、台風、大雨による洪水や土石流などが絶えない。台風6号が過ぎ去ったばかりだが、これから秋にかけて台風シーズンとなる。紀伊半島では南海トラフの巨大地震の発生も懸念されている状態だ。万一の災害が身に降りかかった時には「誰かが助けてくれるだろう」という考えは捨て、自分の命は自分で守ることが大切だ。
 地震などの瞬間的に襲ってくる災害に対しては対応が難しいが、基本的にどんな災害でも共通するのは早めに安全な場所に避難すること。力の強い相撲取りでもプロレスラーでも、鉄砲を持った警察官でも自然災害を相手に決して勝つことはできない。相手が襲ってくる前に、早々と白旗を揚げて一目散に逃げ出そう。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る