梅干しと緑茶で究極の健康⁉

 コーヒーや緑茶を毎日よく飲む人は、飲まない人よりも病気などで死亡するリスクが少なくなるという調査結果が、国立がん研究所等から発表されたことは多くの人がご存じだろう。コーヒー好きだが、余り飲みすぎるとよくないと勝手に思っていた筆者には朗報で、いままでより1杯ほど多めに飲んだだけで、なんだか健康になったような気になる。筆者でも今まで以上に意識して飲むようになったのだから、感化された人も多いだろう。コーヒーや緑茶がよく売れているのだろうと推測すると、関係企業がうらやましい。
 日高地方にも日本を代表する健康食品、南高梅がある。疲労回復や胃がん予防など非常に優秀な効能があり、ほかにもメタボ予防など新たな機能性の調査研究も現在進行形で進められている。それでも、消費は思うように伸びない。6月の収穫シーズンを前に生産者や市場関係者らが集まって意見交換する会議がつい最近開かれたが、梅干しの消費と価格低迷は厳しさを増しているのが現状のようだ。梅農家が多数を占めるみなべ町では税収にも大きく影響するため、仕方がないでは済まされない。
 もちろんさまざまなPRが展開されているし、これから新たな展開も模索していかなければならない。昨年からことしにかけては、米の一大ブランド新潟県の南魚沼産と結びつきができたのは大きいだろう。これにとどまらず、いま話題の緑茶などさまざまな食の業界を巻き込み、最も健康食だったといわれる昭和50年の和食をいまの食材で復活させ、旅館や食堂で提供する取り組みなんかも面白い。いろんなアイデアを出し、何とかしたいと思う気持ちが産地を育てると信じたい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る