県ママさんバレー 美浜クラブが優勝

 県ママさんバレーボール連盟等主催の第46回ママさんバレーボール大会県大会は10日、田辺スポーツパークと田辺市体育センターであり、日高支部の美浜クラブが見事優勝。8月7日から10日まで4日間、宮城県で開かれる全国大会の出場を決めた。9人制の試合で美浜クラブは9人ちょうどのメンバーで臨み、決勝ではフルセットの接戦をものにするなど粘り強い戦いぶりが光った。
 県内8支部の代表18チームが参加し、トーナメントで激突。全国大会(優勝のみ)と、7月7日に兵庫県で開かれる近畿親善大会(準優勝と3位)の出場権を争った。
 美浜クラブは、初戦の2回戦で2Vクラブ(西牟婁)、準々決勝で貴志クラブ(和歌山)、準決勝で箕島クラブ(有田)をともに2―0で破り、決勝ではオリオンクラブ(海草)を2―1で下した。
 30歳代の11人が登録メンバー。この日は2人欠場となったが、エース・濱口を中心に得点を重ね、レシーブではチーム一丸となって粘り強く拾ってつなぎ、勝ち上がった。決勝は1セットを先取されたものの、第2、3セットを連取。3セット目には交代選手がいない中、1人が足を負傷するトラブルもあったが、メンバー全員でカバーし、見事な逆転勝ちを決めた。
 宮井綾子主将は「9人ぎりぎりのメンバーでしたけど、みんなで頑張ってカバーし合えたと思います。地元(日高地方)のチームの方々からもたくさん応援をいただき、その声も力になりました」と喜びを表し、全国大会へ向けては「まったく未知の世界。みんなで楽しんできたいです」と話した。
 日高支部勢では川辺クラブも3位入賞と健闘を見せ、近畿親善大会出場を決めた。川辺クラブは2回戦でFairy(和歌山)、準々決勝で西和佐クラブ(同)をいずれも2―0で退け、準決勝でオリオンクラブに0―2で敗退。3位決定戦では箕島クラブに2―1で勝利した。
 日高支部2チームのメンバーは次の皆さん。
 美浜クラブ=津村道子(監督)、権神礼子(副監督)、田口尚子(マネジャー)、宮井綾子、濱口理恵、山西絵里、岡本恭子、山本真理子、山本亜実、椎﨑由美、龍神智美、湯川和子、北裏和佳子、常風基代▽川辺クラブ=小島佳子(監督)、宮本さと美(副監督)、山﨑つや子(マネジャー)、山中淳子、久堀美佳、地阪有未、玉置敦美、瀧本麻子、津村弥生、榊原千春、山崎初美、津村弓子、玉置征代、成田真紀、宮本昌代

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る