知る人ぞ知る幻の善妙寺焼

 「開運 なんでも鑑定団」(テレビ東京系)が好きでよく見ていた。渋い備前焼、豪華な薩摩焼、優しい色合の萩焼など名器の産地に和歌山県はなく、限られた土地のものと思っていた
 
 だが本紙の地元御坊市にも、知る人ぞ知る焼き物があった。江戸中期、わずか10年ほどの宝暦年間に存在した「善妙寺焼」(紀伊名所図会では「善明寺焼」)。市内島の善妙寺六代住職玄了師が手がけた。1月に美浜町の佐々木正至さんから「善妙寺焼と思われる花器がある」と聞き、結果的には本物の可能性は低いようだということになったが、取材の過程で御坊歴史民俗資料館館長の中村貞史さんからいろいろ教わった。昭和13年発行「茶わん」(寶雲舎)によると「素朴にして雅趣に富んだ作品」で「当地方の茶人或いは愛陶者の間で最も珍器とされている」。特に陶土を籠に編んで精巧に焼き上げたものは逸品として珍重される。紀州藩主に献上した記録もある
 努力したが本物には出会えず、本当に幻の品だと実感。以前「あとりえ訪問記」に出て下さった中野孝次さんが善妙寺焼の復活に取り組んでいると聞いていたので、この機会に特集で紹介させて頂いた。実際に陶土を編み込み、壊れないよう焼くのは相当難しいという
 善妙寺焼はこの玄了さん一代限りのようだが、その一人の技術と感性のおかげで御坊に「和歌山県で2番目に古い幻の焼き物」という文化が生まれた。歴史を形づくるのは有名無名にかかわらず一人一人の人間だと感じ入る
 お殿様に献上するほどの腕前をどのように身につけ、後世の茶人達が好んだ味わいはどのような人柄から生まれたのか、想像をかき立てられる。同時代人であれば取材を申し込みたいところであった。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る