御坊で熱くみやこ姫よさこい祭り

 第9回みやこ姫よさこい祭り(古久保恭一実行委員長)が10日に御坊市野口の日高川ふれあい水辺公園せせらぎ広場で行われ、好天の下、親子連れら延べ1万5000人でにぎわった。メーンのよさこい部門には過去最高の38チームが出場。「総踊り」では、各チームの踊り子総勢700人が一斉に華麗かつパワフルな舞を披露し、観客を魅了した。
 全よさこいチームが特設ステージ上で踊る総踊りで幕開け。「みやこ姫よさこい音頭」「きいちゃんダンス」「YAPPA紀州」の3曲で元気いっぱい、笑顔満開に踊っていた。続く開会式では古久保委員長が「ようこそ御坊へ。最後まで盛り上がってほしい」とあいさつ。来賓の柏木征夫市長は「祭りは継続が必要で、世話をする人の熱意、出演者の協力、観客の笑顔で成り立っている」などと祝辞した。
 このあと、特設ステージではよさこいの各チームが順番に演舞を披露し、地元の「夢屋舞組」や「プラリズム~梅舞~」のほか、大阪堺市や和歌山市内の初出場8チームも晴れ舞台を飾っていた。また、自由演技部門では日高川町の「あすなろ倶楽部 絆の星」、御坊スポーツクラブ「太極拳教室チーム」など5団体が創作ダンスや演舞で盛り上げた。さらに特設ステージと別の場所に長さ50㍍、幅10㍍のコースを設けて、各出演チームが前に進みながら踊るパレード方式でのよさこいもあった。
 会場には衣類や雑貨などのフリーマーケット22ブース、焼きそば、ラーメン、カレー、焼き鳥などの一般模擬店40ブースが出され、大盛況となった。全プログラム終了後には会場中央に設けられたやぐらから餅まきもあった。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る