梅産地の農業システム FAOが現地視察へ

 みなべ町と田辺市の梅産地の農業システムを世界農業遺産に登録しようと取り組んでいる地元の推進協議会(会長・小谷芳正町長)の総会が7日にみなべ町役場で開かれ、認定の判断を行う国連食糧農業機関(FAO・本部イタリア)の現地視察時期について「今月末の見込み」と報告された。日程は2日間で、梅栽培や備長炭の製炭現場を案内する。将来に向けた取り組み(アクションプラン)なども説明する。
 世界農業遺産は、伝統的な農業・農法などを次世代に継承するシステム。現在は世界31地域、国内では石川県能登半島(能登の里山海岸)、静岡県(静岡の茶草場農法)など5地域が認定されている。同協議会が登録を進めているのは「みなべ・田辺の梅システム」で、自然の生態系を生かしながら梅栽培や備長炭の生産などを行っている農業形態。
 総会では、FAOの現地視察について事務局から説明。1日目は石神梅林(田辺市)、秋津野ガルテン(同)、JA紀南「紀菜柑」(同)、県うめ研究所(みなべ町)など、2日目は備長炭炭窯(同)、南部高校などを案内し、地域に根付いている梅産業や梅料理、備長炭の製法などをアピールする。1日目には歓迎レセプションも催される。2日目には紀州南部ロイヤルホテルでFAOの調査員と意見交換が行われ、アクションプラン、取り組み発表などがある。案内場所は約10カ所。具体的な日程についてはいまのところ決まっていない。
 このほか本年度の事業計画では、▽10月ごろイタリアで開かれる見込みの国際フォーラムへの参加▽石川県佐渡市で6月22~25日に開催される東アジア農業遺産学会でのPR▽7月に開かれるイタリア・ミラノ博でのPR――が組み込まれた。登録されれば、国内の認定地域が協力し合って開催する世界農業遺産フェア、グッズの販売も展開していく。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る