知覧の戦没者慰霊祭 小松さんが遺族代表で言葉

 大東亜戦争末期の沖縄戦で、飛行機もろとも敵艦に突っ込んだ陸軍特別攻撃隊員の遺影や遺品を展示している鹿児島県の知覧特攻平和会館で3日、特攻隊員を悼む61回目の慰霊祭が開かれた。戦後70年目のことしは遺族や関係者ら約1000人が参列。兄が知覧から出撃した美浜町和田の会社役員小松雅也さん(84)が遺族代表の言葉を述べた。
 南九州市の周囲を山に囲まれた盆地の知覧には、昭和16年、大刀洗陸軍飛行学校の分教所が開設され、学徒出陣の特別操縦見習士官らの訓練を実施。戦況悪化した20年3月からは陸軍の特攻基地となり、沖縄戦の体当たり攻撃を中心に1036人が戦死した。小松さんの兄、中西伸一少尉(享年22)は20年5月28日、第五四振武隊の隊長として出撃、敵艦に命中したという。
 小松さんは今回、仕事で都合がつかない長男の代理の孫、永江純子さん(34)と夫の誠さん(40)、純子さんの長男右京君(3)と一緒に参列。慰霊の言葉の前の焼香、あとの献花は純子さんと並んで行った。
 小松さんは参列した約260人の遺族を代表して平和観音堂の前に進み、兄が出撃前にしたためた、家族と入隊前に教師をしていた母校和田小学校の子どもたちにあてた辞世の句を詠み、兄の戦死の知らせが届いたときも涙を見せなかった母が、三十三回忌の法要の日に初めて、兄の墓に抱きついて泣き崩れたことを回想。参列者のすすり泣く声が聞こえるなか、「私たち遺族は、特攻勇士の尊い、若い命の重さと、犠牲になられたことを心に奥深く秘め、慰霊顕彰と国内外の恒久平和に努力することを誓います」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る