御坊のお寺で仏前結婚式

 御坊市湯川町財部の浄土真宗本願寺派、安養寺(佐々木俊紀住職)で3日、珍しい仏前結婚式が行われた。
 大阪市で調理師をしている川東俊行さん(39)と同じく調理師の和代さん(34)=旧姓杉本、藤田町吉田出身=の挙式で、親族ら約30人が出席。仏前には祝いごとに使われる金色のろうそくが灯され、雅楽の演奏が披露される中、はかま姿の新郎と白無垢(むく)姿の新婦が入場。司婚者の佐々木住職が合唱、礼拝して経を唱えた。新郎、新婦は誓いの言葉を述べて「記念念珠(数珠)」を授与されたあと、焼香や式盃(三々九度)を行った。佐々木住職は講話の中で「寺にとって門徒では初めての仏前結婚式です。これをご縁に末永くお幸せになってください」と祝辞を述べた。
 同じ職場で知り合い、14年越しの交際を経てゴールイン。和代さんの父親が同寺の総代をしている関係で仏前結婚式をすることになり、俊行さんも「きれいなお寺で結婚式を挙げられることを幸せに思います」と満足げ。「将来は御坊に来て2人で料理屋をしようと考えています。子どもは2人ほしいですね」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る