梅がメタボ予防に効果?

 梅がメタボの予防に効果⁉ 県国民健康保険連合会は、このほど「26年度版県のメタボリックシンドローム該当者・予備群マップ」を作製した。それによると、25年度特定健診受診者の市町村別メタボ割合は、みなべ町が19.3%で最も低いことが分かった。梅農家が多く日常的に運動していることのほか梅自体にも効果があるとみて、和高専に依頼して研究を進めている。
 国保連合会では、各自治体にさまざまな健康増進活動の参考にしてもらおうと、毎年作製している。
 今回は25年度に特定健診を受診した人が対象で、メタボ該当者もしくは「予備群」となっている人の割合を算出。みなべ町は県内30市町村で唯一20%を切った。日高地方の各市町をみると、由良町29.3%、日高町28.1%、日高川町25.3%、御坊市24.7%、印南町24.0%、美浜町23.2%となっている。県内で最も高かったのは九度山町の30.6%、次いでかつらぎ町29.8%、紀美野町と橋本市29.4%と続いており、紀北筋が高くなっている。逆に低かったのはみなべ町に次いですさみ町20.0%、田辺市21.9%で、紀中.紀南地域が低い傾向にある。
 みなべ町が最も低かったことについて、保健センターでは「南高梅を中心とした農業者が多い地域なので、農作業で日常的に体を動かしていることが要因と思われるほか、健診受診率が42.7%で県内3位だったことからみても健康意識が高いといえるのでは」と分析。小谷芳正町長は「やはり梅干しの力が大きいと感じている。梅酢を混ぜた肥料で和牛を飼育すると脂肪分が少なく健康な牛になったという実験結果も聞いたことがあるので、やはり効果があるのでは。2年前から、和高専に依頼して梅がメタボに効果があるかどうか調べてもらっている。効果がデータで示されることを期待しています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る