ゴールデンウィークに誘客を

 楽天㈱が運営する国内最大の宿舎予約サイト、「楽天トラベル」の都道府県別春旅行人気エリアランキングで、和歌山県が石川県に次いで2位となった。昨年9月から12月までの期間に県がJRグループとデスティネーションキャンペーンを展開したことのほか、高野山開創1200年大法会やアドベンチャーワールドでの双子のパンダ誕生が重なったことが人気アップの要因だという。
 市町村によっては「うちの地域には観光客を呼び込むだけの資源がない」と嘆く声もあるかもしれない。しかし、観光資源はアイデア1つで創出できる場合がある。紀の川市の貴志川線貴志駅で駅長を務めているネコの「たま」がその例だ。8年前、駅の売店、小山商店の飼っている三毛猫を正式に駅長に任命したことが人気となり、最近では国内外から観光客が訪れている。「たま駅長」の業務は客招きで、地域の観光振興にも一役買っているようだ。
 ことしもゴールデンウイークが始まり、観光地がにぎわいを見せている。日高地方でも3日にみなべ町の鹿島で明神祭が催されるほか、日高川町ではフジまつりなどが行われている。煙樹ケ浜(美浜町)や日高川などでは大勢のキャンプ客の姿がみられる。予定がまだの読者はぜひ訪れてもらいたい。
 「風薫る5月」といわれ、行楽のシーズン。子どもを持つ家庭だと、「せっかくの長期休暇、どこかに出かけよう」という雰囲気がある。工夫次第では大勢の観光客を呼び込める絶好の機会といえる。日高地方でもいろんな観光資源を活用し、いま以上にゴールデンウイークの誘客活動に取り組んでみてはどうだろう。地域の活性化につながるのではなかろうか。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る