将来のために今何をするか

 新年度がスタートして早くも1カ月が過ぎ、きょうから5月。新入社員、新入生の皆さんは張りつめていた緊張感が少しずつ緩み、雰囲気にも慣れてきたことだろう。また、この1カ月間で心身ともにかなり消耗しているだろうから、疲れが出やすくなる頃でもある。体と心をリフレッシュするゴールデンウイークにしてもらいたいと思う。連休なんてないという方には叱られるが。
 筆者は入社して19年目になった。この仕事に就いた平成9年4月前後の本紙を読み返してみると、3月には日高中津が全国の分校で初めて甲子園出場を果たし、若鮎の見出しが躍っていた。卒業シーズンには少子化で休園する保育園の最後の卒園式の記事があり、ずいぶんと長い間少子化がいわれているのだと痛感。18年経ったが歯止めはかからず、画期的な対策も見当たらず、20年後はさらに子どもが少なくなっているだろうと不安になる。
 自治体の防災計画についての記事では、初めて地震対策マニュアルを盛り込んだことなどが報じられていた。阪神大震災から2年後、地震対策に対する意識も高まっていたころであるが、このころはまさか東日本大震災の大津波が起こるとは想像すらできなかった時代だ。東日本大震災を経験したいま、想定外という言葉はなくなった。
 少子化は、南海地震が起こったときに避難、人命救助、復旧と復興の中心を担う人口もますます減るということ。高齢者になっても若者には今ほど頼れなくなるという意識が必要で、これからは老若男女問わず出来る限り自立が求められる時代になる。個人も自治体も、10年、20年後のビジョンを明確に、いま何をしなければならないか考える時だろう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る