格安SIMで携帯料金節約

 最近、携帯電話のキャリア(通信サービスを提供している会社)変更を検討している。スマホ(スマートフォン)は何かと月額料金が高くつく。筆者の家庭では1台7000円近くかかり、2人が持っているので月額約1万4000円。
 そんな中で気になったのが「格安SIM」。イオンやビックカメラ、楽天などさまざまなジャンルの業種が参入し、日本郵便も導入を検討しているとのこと。利用方法はネットやショップで、スマホに差し込む「SIMカード」を購入し、プランなどの手続きをすれば使えるようになる。通話は定額制でなく30秒20円の従量制のところが多いが、データ使用料は大手キャリアの半額程度。通話をあまり使わなければ月額2000円以内に抑えることもできるとのことだ。
 格安SIM各社は自社回線を持っておらずドコモやauの回線を借りているため、エリアなどはその通信会社に準ずる。なぜ大手キャリアは自身のライバルになるような格安SIM会社に回線を提供するのか。インターネット情報サイトなどで調べてみると、競争環境を促すため法律で義務付けられているとのこと。また大手キャリアにとっても格安SIM利用者はニーズ層が異なるため、自社がサービスを提供できない客層に、他社が自社の回線を使って提供することにメリットを感じているという。また格安SIMをスマホエントリーとして、大手キャリアへ移行してくることにも期待している。
 キャリアメールが使えなかったり、混雑時に通信が遅くなったり、即日の番号移行が難しかったりと、いろいろ利用しづらい点もあるが、今後ますます存在感を増すであろう格安SIM。家計を見直す際に検討してみては。
       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る